男性と女性の育毛の違い

育毛の必要性は男性の方が多いと思われがちですが、女性でも育毛を考えている人はたくさんいます。
日本人のうち6000万人以上が女性ですが、その内600万人以上が薄毛に悩まされているということです。
しかし、男性の薄毛の症状と、女性の薄毛の症状は異なっているという点に気づいていないまま育毛を行なってしまっている女性も少なくありません。
例えば、洗面所に置いてある夫の育毛剤をこっそり使っているというような奥様もいらっしゃるようです。
または、薬局で男性用の育毛剤を購入して使用してしまっている方もいらっしゃるようです。

このように、男性と女性の薄毛の原因と、正しい育毛方法を理解していないと、期待している育毛結果を得られないばかりが、全く効果がないということにもなりかねません。
ですからまずは、この違いについて正しく理解するようにしましょう。

男性の薄毛によく見られる症状としては、抜け毛があります。
髪の毛が抜けてしまうことで、全体的な髪の量が少なくなり、薄毛という状態になってしまいます。
ですから、男性の薄毛の場合には、育毛のために抜け毛を防ぐということがポイントになってきます。
特に男性ホルモンが影響している場合がありますので、こうした原因に対応している育毛剤が多いのが男性用の育毛剤です。

しかし、女性の薄毛に関しては抜け毛というものもありますが、この抜け毛が薄毛の主要な原因になるというわけではありません。
一見すると、髪の毛の量が抜けているために髪の毛のボリュームが少なくなってきているという印象を受けるかもしれませんが、これは抜け毛が増えることによって起きているわけではなく、多くの場合髪の毛の太さが細くなってきているために全体的なボリュームが減っているということです。
つまり、まだ髪の毛は毛穴から正常に3本ほどきちんと生えているわけです。
ですから育毛の方法としては、1本1本の髪の毛を健康的で太くすることによって、元の髪の毛のボリュームに戻すことを目指します。

このように、男性と女性の薄毛の原因は異なっていますので、女性が男性用の育毛剤を使ったとしても、その効果を最大限に生かすことは難しいでしょう。
とは言え、髪の毛を元気にしてくれるような効果も男性用の育毛剤には含まれていますので、こうした育毛剤を女性が使った場合にはいくらかの効果を得ることはできるでしょう。
しかし、育毛剤を使うのであればやはり最大限の効果を得たいと思いますので、きちんと自分の薄毛の原因に合っている育毛剤を選ぶようにするために、病院やクリニックに行きその原因を特定するようにしましょう。