育毛剤は医薬部外品、医薬品のどちらが良いの?

育毛剤の種類にはいくつかあり、医薬部外品と医薬品、そしてそれ以外があります。
日本で医薬品の認可を受けている育毛剤はリアップだけですが、それは、リアップの有効成分として、ミノキシジルが配合されているからです。
ミノキシジルは、もともと血管拡張剤として開発が進められてきた商品ですが、のちに発毛効果が認められ、育毛剤として使用されるようになったものです。
医薬品ですので、それ相応の副作用があり、リアップが原因かどうか定かではないものの、重篤な例も出ています。
リアップを使用する場合には、体に異変を感じたら、直ぐに使用をやめ、医師に相談することが求められます。
リアップには、発毛効果を期待することができますが、同時に大きなリスクも抱えていると言っていいでしょう。

医薬部外品の育毛剤は、様々なものが販売されています。
今、人気が高いのは、チャップアップやブブカといった製品ですが、どちらも有効成分として、育毛、発毛に効果があると言われているものを配合してありますね。
リアップと違って安心だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、医薬部外品であっても、直接肌に触れるものですので、必ず、パッチテストを行い、赤味やかぶれなどの肌トラブルがないかどうかを確認しましょう。
肌に合わない育毛剤を使用していると、健康な毛髪まで、痛めてしまうことになりかねません。
自分の肌に合う育毛剤であれば、どの育毛剤を仕様したとしても、ある程度の発毛効果を実感できるかと思います。

育毛剤には、加齢による抜け毛を防ぐことに優れたもののと、発毛力に優れたものの2種類があります。
どちらも、加齢によって薄毛になってしまうケースには効果を発揮しますが、円形脱毛症などのように、ストレスが原因という禿げには効果がありません。
これは、リアップも同様です。
育毛剤は、まだ、髪の毛が薄くなっていないから大丈夫だろうと思っている時から、使い始めることで、より効果を期待できるといいます。
医薬部外品の育毛剤の中には、育毛剤と、育毛への効果が期待できるサプリメントを抱き合わせで販売しているものもあります。
外部からの抜け毛防止だけではなく、内側からも育毛をアプローチしているのですね。

また、殆どの育毛剤は、定期コースが設けられており、決まった日に育毛剤が届くシステムを使っているため、買い忘れの心配がありません。
定期コースに申し込むと、単品で購入するよりもお得に買うことができるサービスの付いているものも多くあります。
医薬品を買うか、医薬部外品を買うか、それ以外を選ぶか、完全に個人の好みの問題でしょう。
納得して使用できる育毛剤を選ぶことが大事なのではないかと思います。