育毛剤を使うなら正しい方法で頭を洗おう

いくら高級な育毛剤を使用したとしても、シャンプーの仕方が間違っていたら効果は期待できません。
1日2回以上、ゴシゴシ洗っているという方もいらっしゃるかもしれませんが、シャンプーは1日1度で十分です。
それ以上洗うと、必要な油分まで洗い流してしまい、かえって乾燥してカサカサした頭皮になり、薄毛の原因になりかねません。

先ず、シャンプーをする前に、豚毛か猪毛のブラシで、ブラッシングをしてください。
プラスチックのブラシでは、刺激が強すぎて、髪に悪影響を及ぼすことも考えられます。
その後、浴室で髪をお湯だけを使って、予洗いします。
この時点で、髪の毛に付着していた汚れやほこりなどは洗い流されてしまいますので、後は、頭皮をシャンプーで正しく洗うことが大切です。
最近では直シャンといって、直に頭に付けるタイプのシャンプーもありますが、そういったタイプのものでなければ、シャンプーを手に取ったら軽く泡立て、頭皮全体を優しくマッサージするように洗います。
間違っても、爪を立ててゴシゴシこすることがないようにしてくださいね。
頭を洗うということは、髪の毛を洗うことではなく、頭皮を洗うことです。
髪全体が泡立ったからといって、洗い流してしまったら毛根に脂が残り、それが原因で薄毛になってしまうということもありますので、念入りに指の腹を使って洗っていきます。
十分に洗えたと思ったら、シャンプーをよく洗い流してください。

男性は、シャンプーの後、リンスをしない人も多いと思います。
しかし、リンスをしないと髪が絡まってしまい、抜け毛の原因になることもありますので、ある程度の長さがあるのであれば、リンスは必須だと思います。
毛先は痛み易いので、先ずは毛先からリンスをし、毛根に近い部分は余ったリンスで軽くマッサージをする程度で十分でしょう。
リンスもシャンプー同様、よく洗い流してくださいね。
その後、タオルドライをする時にも、ゴシゴシと頭をこするのはNGです。
優しくタオルで包み込むようにして水気を吸い取り、ドライヤーで乾かします。
髪の毛が乾いたら、育毛剤を頭につけマッサージするように頭皮全体にいきわたらせてください。

もし、今まで、どんな育毛剤を使っても効果が出なかった場合は、シャンプーの仕方が間違っていたのかもしれません。
ゴシゴシと洗うのではなく、優しくマッサージするように頭皮を洗うことが大切です。
頭皮も肌の一部なのですから、爪を立てて洗うのが間違っているということは、直ぐに分かりますね。
爪を立ててシャンプーを泡立てても、頭皮が洗えたことにはなりませんので、十分に気を付けてくださいね。